Skip to the content

京十番縫取り縮緬親王金屏風飾り:人形のモリシゲ - a492e

2019-09-07
カテゴリトップ>ひな人形>名作・名匠の雛人形
京十番縫取り縮緬親王金屏風飾り人形のモリシゲ雛人形親王飾り
 ドールコーディネーター平安春峰推奨の作家
十二単衣の美 清水久遊
モリシゲ雛人形コレクション
京十番縫取り縮緬親王金屏風飾り
W100xD50xH36(約cm)
監修 ドールコディネーター平安春峰
日本を代表する雛人形の名匠 雛人形四大作家
 こだわりの雛人形 名匠 平安天鳳 十二単の美 名匠 清水久遊
京雛の第一人者 名匠 安藤桂甫 創作雛人形 名匠 後藤由香子
雛人形は平安時代から現在まで連綿と受け継がれている
世界最古の女性文化です。
紙や藁でつくられた男女一対の人形からはじまりました。
時代の流れの中で形を変えながら今日でも日本では
女性の最大のイベントして三月三日に行われています。

※下記プレゼントが付いています!!


十二単衣の美しさNO1 清水久遊



素材は厳選された正絹を使用し、織り柄もすべてオリジナルです。



縫取ちりめんとは基本的に丹後ちりめんがベースとなる織物で、組織を組むための経糸・横糸以外に、縫取りちりめんには模様を表現するための横糸(色糸)が存在します。この横糸が、縫取りちりめんの大きな特徴である「練り」に耐え、かつ柄を表現しうる横糸(色糸)が必要となります。(「練り」とは「撚り」の段階でついた糊やもともと絹糸に含まれるセリシン等を除去するための工程で、簡単に言えば洗濯のようなものです。)柄を表現する横糸は、「ウルシ」や「スリット糸」と呼ばれ、特殊装飾用金銀糸と呼んでおり、その種類は数百種に上ります。縫取りちりめんの用途としましたは、織物自体が非常に高価なものとなりますので、概に留袖として利用される場合が多いです。中には小紋として利用される場合もありますが、とても贅沢なものとなってしまいます。縫取りちりめんの位置づけとしましては、着物の生地の中では最上位に位置されております。用途の違う物では上位に内掛けがございますが、一般に着る着物とは違いますので、比較しづらいものとなります。最上位に位置づけされる訳を申しますと、生地一反に使用します「ウルシ」は四十色以上に上り、材料費・手間・技術が通常の織物以上にかかるため、コストがががり、技術も必要なため、生産数量が少なく貴重な存在であるためです。しかし、丹後ちりめんは、コストと技術や手間をかけている分、豪華さや品質は他の織物以上である事をお約束します。







本物に限りなく近い仕立て方、着せ方で創られており、たとえ百年たっても形くずれいたしません。裏打ちには「こうぞ」を使用しています。こうぞは日本古来から紙すきの原料とされてきた樹皮の繊維で和紙の中でとても丈夫で耐久性があります。細やかなこだわりがひいなの華麗さ、耐久性をひときわ引き立たせています。仕立ての良さを、ぜひ一度手にとってご覧下さい。




ProCampaign ®

ProCampaign ® enables you to manage, enhance and protect your customer profiles and deliver consistent, orchestrated and cross-channel experiences.

ProCampaign proves again that a privacy-compliant use of CRM systems is possible

Sebastian Meissner, Head of the EuroPriSe Certification

Newsletter subscription

Stay informed and subscribe to our ProCampaign ® Newsletter. This way you will be up-to-date about all news, promotions, events and webinars around ProCampaign ® .

Ready to talk?

We are happy to show you ProCampaign ® live via online presentation. Arrange a demo appointment or a non-binding consultation now.